太陽光発電の準備

七ヶ浜町吉田浜のお宅で太陽光発電の準備をしてきました。
震災から1年以上たってようやく板金屋さんの準備が整い、瓦屋根から板金屋根に変更するのに併せ、太陽光パネルの設置をして頂くことになりました。

当店のイベントにご来店頂いた時に太陽光のお問い合わせからのご依頼です。

P1040234.jpg
足場が組みあがったので、板金屋さんの邪魔にならないようにアンテナを外してほしいというご依頼だったので撤去に伺いました。




P1040236.jpg
先日の暴風雨のせいでシートはめくりあがり、瓦を固定していた土も流れ出していました。



P1040237.jpg


パネルの設置工事は来月の予定です。

その様子はもちろんご紹介しますよー。
面白いと思ったら「拍手」をクリックして頂ければたいへん嬉しいです! 

七ヶ浜町吉田浜にて太陽光発電システム設置

七ヶ浜町吉田浜にて太陽光発電システム

Panasonic HIT 233 × 14枚
合計 3.26KW  を設置させて頂きました。


今回は、細かいところも見てもらおうと長編になっていますのでご覚悟を!



工事当日


P1050031.jpg
文句なしの晴天で工事日和です。




P1050033.jpg
広告シートを設置させてもらいました。




P1050993.jpg
近くで撮影。
なかなかいいでしょ!




P1050991.jpg
設置準備に取り掛かります。
架台とボルトねじ類を確認




P1050032.jpg
現在の買電用のメーター左に売電用のメーターを設置します。




P1050028.jpg
配線をなるべく隠蔽したいので点検口を設置して配線をすることにしました。
ボードの下地の状態を探り開口場所を慎重に探ります。




P1050995.jpg
このコードはパネルからの配線の延長コードです。
隣通しのパネルの配線は直列でつなぐのですが、
主にパネルから接続箱までの配線を延長する時に使います。




P1050996.jpg
パネルが233Wですよーと梱包が証明しています。




P1050997.jpg
太陽光パネルを支える架台です。




P1050999.jpg
パワーコンディショナー。通称≪パワコン≫
パネルで作った直流の電気を家庭で使える交流に変換する装置です。




P1060001.jpg
室内の作業は点検口を取付け終えて、ワイヤレスモニターまで発電状況の信号を送る装置を取り付けています。




一方屋根の状況は・・。

P1060005.jpg
墨出しと呼ばれる作業をしています。
東側




P1060014.jpg
南側



P1060017.jpg
墨出し途中はこんな感じ
架台の位置がここですよ~とわかります。



P1060007.jpg
次に架台を固定する金具を取り付けていきます。




P1060008.jpg
金具の下はシールになっています。



P1060010.jpg
墨に合わせて金具を一つずつ貼り付けていきます。
今はシールで張り付いているだけです。



P1060016.jpg
近くで見るとこんな感じ




P1060003.jpg
反対側の西側も完了です。




P1060018.jpg
金具を固定するためにビスを打っていきます。




P1060022.jpg
固定が終了後
一つの金具にビスが11本!




P1060019.jpg
ビスを打ち終わった一方で、架台の高さを一定にするためにボルトの高さを計っていきます。




P1060020.jpg
左から
金具のシール固定
金具のビス打ち
ボルトの高さ調整




P1060024.jpg
次に一番大事な防水処理のコーキング作業




P1060025.jpg
一つ一つ丁寧に作業します。




P1060028.jpg
コーキング作業後
金具の下側にコーキング処理をしていないじゃないか!
と言われそうですが、実はそれでいいんです!
万が一水が上から侵入した時に下側から逃がすためなんですねー。



ここで再び室内に移動


P1060030.jpg
パワコン(左側)も固定し終わって順調に作業が進んでいます。




P1060031.jpg
売電用のメーターも取り付け終わりました。




P1060033.jpg
昇圧回路付きの接続箱は屋外に設置
もちろん屋外対応機種です。




P1060034.jpg
ここからパワコンまで線が伸びています。




またまた屋根に移動

P1060035.jpg
一気に作業が進んでいました。
金具にフレーム架台が固定され




P1060037.jpg
少しの曲りも内容に糸を張って調整していきます。




P1060038.jpg
真剣です!




P1060041.jpg
いよいよパネル設置




P1060043.jpg
次々固定していきます。




P1060049.jpg
固定の金具




P1060050.jpg




P1060051.jpg
パネルの電極コードを直列につないでいきます。
繋いだ後はビニールテープで巻いて保護をします。



P1060063.jpg
系統によって色別にするときもあります。




P1060064.jpg
こんな感じに




P1060053.jpg
順調に作業が進みます。




P1060055.jpg
高さがちょっと違うと気になるので調整




P1060056.jpg
増し締めしているところ



P1060057.jpg
綺麗に並んでいます!!




P1060058.jpg
架台の接地面(西-南-東)が違う場所はアース線を架台どうし渡します。 




P1060061.jpg
配線はチューブに入れて保護することはもちろん、余計なゴミなどが入らないように隙間をコーキングで塞ぎます。



P1060062.jpg
こんな風になります。




P1060065.jpg
全てのパネル設置工事が無事に終わりました。
東面~南面



P1060066.jpg
西~南面



P1060067.jpg
接続箱もすっきりとしています。



P1060068.jpg
裏側にはコーキングもしっかりしています。



一夜明け


P1060070.jpg
東北電力さんとの連系作業
配線などの検査をしてもらいます。



P1060071.jpg
パワコンの電源を入れると300(5分)からのカウントダウン




P1060073.jpg
カウントダウン終了後モニターを確認すると・・。
売れています売れています!

お孫さんが毎日まだ付けないの?と興味津々だったようでモニターチェックを一生懸命してくれそうです。


当店に太陽光発電システムをご依頼頂きありがとうございました。
面白いと思ったら「拍手」をクリックして頂ければたいへん嬉しいです! 

塩釜市佐浦町で太陽光発電設置工事をさせてもらいました。

塩釜市佐浦町で太陽光発電設置工事をさせてもらいました。
新築のお宅なのですが、オール電化なら太陽光を取り付けた方がいいという事で当店へご相談頂いてシュミレーションを作成。
「これならいいか」という事で取り付けをさせて頂くことになりました。
ありがとうございます。

P1060906.jpg
足場を設置後、取り付け予定の屋根3面を下見。
作業に取り掛かります。




P1060907.jpg
固定金具を取り付ける準備として≪墨出し≫を行います。





金属屋根方式
今回の取り付け方法は≪金属屋根方式≫と言いまして、
屋根に
板金金具を直接取り付け(もちろん防水処理は徹底します)

フレームの固定

太陽電池モジュールを固定します。




P1060908.jpg
これが≪板金金具≫です。
粘着テープが裏に貼ってあるので仮の固定で止まっています。
この後に専用ねじで固定となります。





P1060909.jpg
一列に綺麗に固定





P1060914.jpg
これが金具を固定する専用ネジ
水が入らないような構造になっています。




P1060915.jpg
板金金具を上から保護するカバーです。




P1060916.jpg
カバーの固定はツメを折ることで固定できるようになっています。





P1060910.jpg
発電した電流を統合して、パワーコンディショナに供給する接続箱




P1060911.jpg
分電盤の右横にはエネルギーモニター用電力検出ユニット

専用ブレーカーが入っています。




P1060912.jpg
こちらは≪パワーコンディショナー≫
発電した直流電流を家庭で使える交流電流にする装置です。
画像は配線のチェックをしているので、カバーを開けている状態です。





P1060917.jpg
こちらが≪太陽電池モジュール≫
今回は240Wのモジュールが16枚で3840Wのモジュールが屋根に取付け。





P1060919.jpg
屋根3面にそれぞれ固定





P1060920.jpg
一枚でも曲がると見栄えが悪いので微調整します。





P1060921.jpg
こちらは結線の様子です。





P1060922.jpg
接続箱までの配線は丈夫なパイプに入れて保護します。





P1060927.jpg
最近話題になっているモジュールの下に鳥が巣をつくり住み着く問題。
このように上と下にカバーをしておけば大丈夫。

横からの侵入は上下に入っているフレームで侵入不可となっています。





P1060928.jpg
パナソニックの正式な工事が終わったときのみ取付ける事ができる
「Panasonic」のロゴフレーム





P1060929.jpg
合計16枚取付け完了です。





後日、東北電力さんの立会いの下「連系」の確認を行います。


P1060932.jpg
右 買電メーター
左 売電メーター





P1060933.jpg
最高の連系日和。
朝からどんどん発電してくれそうです。





P1060937.jpg
結線の確認作業です。




P1060941.jpg
確認OKを頂いたので、売電をし始めました。
午前10時にもかかわらず発電好調です。

旦那さんは、節電の鬼となっているそうで子供さん達にプレッシャーをかけ続けているそうです(笑)

家庭円満の節電を祈る私でした・・・。


最後までご覧いただきありがとうございました。
面白いと思ったら「拍手」をクリックして頂ければたいへん嬉しいです! 

七ヶ浜町湊浜地区で太陽光発電取付工事その①

今日から七ヶ浜町湊浜地区で【太陽光発電システム】の設置工事をさせてもらいます。
セメント瓦なので板金に屋根を葺き直してからの設置工事となりますのでちょっと大掛かりな工事になります。
それでは一日目の様子をご覧ください。

AM8:30
お客様にご挨拶をして、今日の予定と明日の作業流れを改めてご説明します。
(事前に工程表をお渡ししているのでその確認ですね)

一日目の作業内容
≪足場の設置≫
 

P1090114.jpg
車庫・倉庫・書道教室を兼ねているこちらの別棟で工事となります。



P1090115.jpg
横2面と背面の合計3面の足場設置です。





P1090116.jpg
いつも思うのですが、足場屋さんの組み立ての速さは見事だなぁと感心させられます。




P1090118.jpg
背面はアパートの駐車場でしたので大家さんに事前に快諾を頂いておりました。(こちらもお客様です)
なるべくはみ出さないようにと、足場パイプにカバーをかける予定です。




P1090119.jpg
パイプカバーと屋根から駐車場に物が落ちないようにネットも設置。
これで、安心して作業に入れます。




P1090120.jpg
正面からはこんな感じてす。




P1090124.jpg
屋根に上って足場の設置を確認終了。
明日から本格的に工事が始まります。

お楽しみに~
面白いと思ったら「拍手」をクリックして頂ければたいへん嬉しいです! 

七ヶ浜町湊浜地区で太陽光発電取付工事その②

昨日からの続きです。
今日もお天気に恵まれ順調に作業が行えそうです。

さて、本日の作業内容は・・・。


2日目の作業内容
≪瓦の取り外し→下地の張り替え→防水シートの貼り付け≫
 

それでは作業をご覧ください。


P1090125.jpg
作業前に【太陽光工事中】の垂れ幕を設置
道行く人に結構注目されました!
広告というより責任施工の意味合いが強いのですが、いい宣伝になります。




P1090128.jpg
瓦揚げ機の専用梯子を固定してから作業開始です。




P1090130.jpg
古い瓦を取り外していきます




P1090134.jpg
順調に





P1090135.jpg
ひたすら剥がしていきます





P1090138.jpg
心配していた瓦の破損もなく雨漏りもしていませんでした




P1090139.jpg
ウインチを使って瓦をおろして




P1090141.jpg
お借りした場所に瓦を置いていきます




P1090142.jpg
全部下ろしたらこんなになりました




P1090143.jpg
作業は順調に進み防水シートを張っていきます





P1090144.jpg
今回は板金屋根に葺き替えるのですが、下地は12ミリ合板を上から張り補強しています




P1090149.jpg
防水シートをホチキスの大きいもので固定していきます




P1090151.jpg
ひたすら貼っていきます




P1090155.jpg
別グループは明日からの板金用の墨出しをしていきます




P1090157.jpg
本日の作業が終了しました
これで雨が降っても大丈夫!

でも明日も晴れてね。

明日は板金の作業予定です


最後までご覧いただきありがとうございました
面白いと思ったら「拍手」をクリックして頂ければたいへん嬉しいです! 
当店では≪太陽光発電・オール電化・LED照明・リフォーム≫などをパナソニックとの総合力で対応します。
震災からの活動 復興編
震災からの活動
東日本大震災からの活動をまとめています。
当店はこんな店です
更新カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
当店地図
お問い合わせ
安心の8年保障

IHクッキングヒーターと
エコキュートは回数、
金額上限無しの8年保障を
取り扱っています!!
携帯用
QR
RSSリンクの表示
サイト内 検索フォーム

サイドバー背後固定表示サンプル

当店へのお問い合わせ 

TEL 022-357-4181 

メールでのお問い合わせは

サイドメニュー(右)の

≪お問い合わせ≫

よりお気軽にどうぞ!