FC2ブログ
文字
Archive
宮城県塩釜市で今月中旬にオール電化工事を予定しているお客様宅でエコキュート用の基礎工事と電源工事をさせて頂きました。

まずはエコキュートタンク用の基礎工事。

ye1.jpg
おおよその部分に印をつけてお客さんに説明をします。
いったんセメントを流し込んだら、移動は出来ませんからね・・・。


ye2.jpg
場所が決まりましたら、枠の準備をします。
今回のお客様宅は、やわらかい砂地で地震などでタンクが傾いていかないように掘り下げて「捨てコン」をします。


ye3_20100606190810.jpg

タンクから出る膨張水を逃がす為のドレンも作っておきます。
枡の中ではエルボと言われる物をわざと逆につけて水がたまり臭気が上がるのを防ぎます。(トラップと言われるものです。)
これをしないと最悪の場合、本体が臭気によって錆びてきます。


ye4.jpg
ドレン位置を型紙を使って決めていきます。


ye5.jpg
捨てコンを入れ、家の基礎部分に生コンが飛び跳ねてもいいように養生をします。
ちょっと見えにくいですが、生コンを流す部分に補強の為ワイヤーメッシュを入れています。


ye6.jpg
生コンを流し終え、コテで平らになるようになぞっていきます。


ye7.jpg
全体を養生して、本体取り付けまでおやすみなさい・・・。



もう一方の電気工事部隊は、メーターの移設と外線張替え工事を行います。


yb1.jpg
現在の分電盤です。
分電版が付いている場所が吊り壁になっていて、浴室、天井裏を確認しても防火壁などが邪魔して分電盤までたどり着けません。
露出配線にすれば簡単ですが、そんな見栄えの悪い工事はしたくありません。
そこで分電盤手前に点検口を作り、配線を入れるようにします。


yb2.jpg
点検口の枠を取り付け、外側から配線を引っ張ってもらいます。


yb3.jpg
新しいメーター位置の軒からワイヤーで分電盤からの配線を引っ張ります。


yb4.jpg
一人がメーターを取付け、電柱からの受け点工事をしています。
ちょっとアクロバットですけど・・・。


yb5.jpg
無事に配線が通ったので、各ブレーカーに配線をつないでいきます。
分電盤が変わったの気が付きました?


yb6.jpg
取付けた分電盤の型番はこちら「BQE35102T2」
オール電化対応分電盤でエコキュート専用ブレーカー付き、コンパクトブレーカーなので横幅が余り広がらず、フタ付きなので、台所の油汚れでもベトつか無いのがGOODです。


yb7.jpg
取付けを終えたところ。分電盤、点検口とてもスッキリ取付けできました。
yb9.jpg
ちょっと見えにくいかもしれませんがご紹介します。
一番左側にエコキュート用専用ブレーカーがあり、IH用のブレーカーも標準装備です。
これから長い間使う分電盤ですから、ちょっとくたびれた分電盤は交換をオススメしています。


yb8.jpg
外のメーター回りの工事も終了しました。
後日、オール電化工事の時にメーターが「やりくりナイト用」に変更になるので配線は余裕をもってあります。

今日はここまでの工事となりました。
次回はオール電化工事の模様をUPしますのでお楽しみに!!
ご訪問者数 感謝!!
プロフィール

plazaグループほし

Author:plazaグループほし
○ 星 玲(ほし あきら)
○昭和46年9月2日
    七ヶ浜町生まれ
○趣味:楽天イーグルスの野球観戦と最近は登山とカメラ
○血液型:O型
○電器屋2代目です

地元の高校を卒業後、滋賀県草津市にある松下幸之助商学院で商道を一年間学び卒業。

その後2年間、大河原町の木村電器さんで他店留学をさせてもらい、現在に至ります。



plazaグループほし
(旧店名 アーバとおやま)

七ヶ浜町汐見台1-1-5 ワーフ内
TEL 022-357-4181


・パナソニック修理技術認定店
・東北電力電化普及協力店
     エルパルショップ

取得資格
・第二種電気工事士
・給水装置工事主任技術者
・医療機器販売管理者
・デジタル3種工事担任者
・アナログ3種工事担任者
・ガス可とう管接続工事監督者
・ガス溶接作業主任者
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
当店はこんな店です
更新カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
色塗り部分に記事があります
当店地図
お問い合わせ
携帯用
QR
サイト内 検索フォーム