塩釜市佐浦町で太陽光発電設置工事をさせてもらいました。

塩釜市佐浦町で太陽光発電設置工事をさせてもらいました。
新築のお宅なのですが、オール電化なら太陽光を取り付けた方がいいという事で当店へご相談頂いてシュミレーションを作成。
「これならいいか」という事で取り付けをさせて頂くことになりました。
ありがとうございます。

P1060906.jpg
足場を設置後、取り付け予定の屋根3面を下見。
作業に取り掛かります。




P1060907.jpg
固定金具を取り付ける準備として≪墨出し≫を行います。





金属屋根方式
今回の取り付け方法は≪金属屋根方式≫と言いまして、
屋根に
板金金具を直接取り付け(もちろん防水処理は徹底します)

フレームの固定

太陽電池モジュールを固定します。




P1060908.jpg
これが≪板金金具≫です。
粘着テープが裏に貼ってあるので仮の固定で止まっています。
この後に専用ねじで固定となります。





P1060909.jpg
一列に綺麗に固定





P1060914.jpg
これが金具を固定する専用ネジ
水が入らないような構造になっています。




P1060915.jpg
板金金具を上から保護するカバーです。




P1060916.jpg
カバーの固定はツメを折ることで固定できるようになっています。





P1060910.jpg
発電した電流を統合して、パワーコンディショナに供給する接続箱




P1060911.jpg
分電盤の右横にはエネルギーモニター用電力検出ユニット

専用ブレーカーが入っています。




P1060912.jpg
こちらは≪パワーコンディショナー≫
発電した直流電流を家庭で使える交流電流にする装置です。
画像は配線のチェックをしているので、カバーを開けている状態です。





P1060917.jpg
こちらが≪太陽電池モジュール≫
今回は240Wのモジュールが16枚で3840Wのモジュールが屋根に取付け。





P1060919.jpg
屋根3面にそれぞれ固定





P1060920.jpg
一枚でも曲がると見栄えが悪いので微調整します。





P1060921.jpg
こちらは結線の様子です。





P1060922.jpg
接続箱までの配線は丈夫なパイプに入れて保護します。





P1060927.jpg
最近話題になっているモジュールの下に鳥が巣をつくり住み着く問題。
このように上と下にカバーをしておけば大丈夫。

横からの侵入は上下に入っているフレームで侵入不可となっています。





P1060928.jpg
パナソニックの正式な工事が終わったときのみ取付ける事ができる
「Panasonic」のロゴフレーム





P1060929.jpg
合計16枚取付け完了です。





後日、東北電力さんの立会いの下「連系」の確認を行います。


P1060932.jpg
右 買電メーター
左 売電メーター





P1060933.jpg
最高の連系日和。
朝からどんどん発電してくれそうです。





P1060937.jpg
結線の確認作業です。




P1060941.jpg
確認OKを頂いたので、売電をし始めました。
午前10時にもかかわらず発電好調です。

旦那さんは、節電の鬼となっているそうで子供さん達にプレッシャーをかけ続けているそうです(笑)

家庭円満の節電を祈る私でした・・・。


最後までご覧いただきありがとうございました。
面白いと思ったら「拍手」をクリックして頂ければたいへん嬉しいです! 

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


当店では≪太陽光発電・オール電化・LED照明・リフォーム≫などをパナソニックとの総合力で対応します。
震災からの活動 復興編
震災からの活動
東日本大震災からの活動をまとめています。
当店はこんな店です
更新カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
当店地図
お問い合わせ
携帯用
QR
RSSリンクの表示
サイト内 検索フォーム

サイドバー背後固定表示サンプル

当店へのお問い合わせ 

TEL 022-357-4181 

メールでのお問い合わせは

サイドメニュー(右)の

≪お問い合わせ≫

よりお気軽にどうぞ!