七ヶ浜町遠山地区でトイレリフォーム&アラウーノSを取付け

七ヶ浜町遠山地区で「トイレリフォーム&アラウーノSを取付け」の工事をさせて頂きました。
今回は大掛かりなリフォーム工事で、

①使用中だった便器の取り外し
②ドアを取り外して、化粧シールを張りドアノブをレバー式に交換
③床のクッションフロア剥がし
④床を開口して排水位置の変更
⑤壁のクロス剥がし
⑥カウンター取り付け部分に下地補強
⑦壁をパテ補修
⑧壁のクロス張り
⑨床のクッションフロア張り
⑩換気扇取付
⑪手洗いカウンターの取り付け
⑫アラウーノS本体の取り付け


以上を私と従業員の和泉君2人で全て行います。
一日がかりの工事になりました。

それでは工事をご覧ください。


P1090481.jpg
まずは養生から
養生シートの下に、ソフト養生を敷いての2段構えです。



P1090488.jpg
玄関までしっかりです。





P1090482.jpg
ドアを取り外して、裏表面に新しい化粧シールを張るのとドアノブを交換します。
(和泉君担当)



P1090483.jpg
便器本体の撤去からは私の担当です。




P1090490.jpg
タンクから取り外していき




P1090491.jpg
順調に撤去は進みます




P1090492.jpg
フランジも取り外し




P1090493.jpg
壁のクロスも剥がしていきます




P1090494.jpg
換気扇やコンセントも外していきます




P1090495.jpg
手洗いカウンターを取り付けるために下地のコンパネを張る部分を開口します




P1090497.jpg
開口終了




P1090496.jpg
排水の位置変更のために床を開口します。
リフォームタイプのアラウーノでは開口をしなくても済みますが、
その場合だと便器の位置が今までと変わりなく、後ろが20cm近く開いてしまうのでスペースがもったいない!





P1090498.jpg
だから当店では開口工事をして排水位置を変更する工事が多いんです!

ちなみに今までお使いだった便器は
TOTO製 S420
壁から排水パイプの中心まで53cmでした。
今回、取り換えるアラウーノSは壁から排水パイプ中心まで20cmになるので、かなり後ろに下がりすっきりします。
リフォームタイプだと、ここまで下がりません。




P1090500.jpg
壁の凸凹部分にパテを塗り補修します。




P1090501.jpg
全体




P1090502.jpg
コンパネ部分もこの通り
パテを乾かす時間もかねてお昼休みに・・。
順調に工事が進んでいます。




P1090504.jpg
午後からは床の開口をコンパネで塞ぎ、壁クロスと床のクッションフロアを張っていきます。
どちらも私が担当です。




P1090505.jpg
無事に張り終わり、手洗いカウンターの取り付けは和泉君担当です。




P1090507.jpg
本体を設置して、排水の傾斜を確認しながらカバーをかけていきます。




P1090510.jpg
化粧直しを終えたドアを再び取付け直し、レバー式のドアノブもバッチリ!
ドアノブに「力が入りにくくなった」とお話だったお客様も大喜び!




P1090508.jpg
そして完成です!

今回の取り付け機種
①本体 アラウーノS 
 CH1101WS

②アラウーノ専用手洗ユニット カウンタータイプ 左設置 手動単水栓
 CH110TFSWLKK


丸一日かかりましたが、自店完全施工でお客様にも大変満足していただけました。
最後までご覧いただきありがとうございました
面白いと思ったら「拍手」をクリックして頂ければたいへん嬉しいです! 

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


当店では≪太陽光発電・オール電化・LED照明・リフォーム≫などをパナソニックとの総合力で対応します。
震災からの活動 復興編
震災からの活動
東日本大震災からの活動をまとめています。
当店はこんな店です
更新カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
当店地図
お問い合わせ
安心の8年保障

IHクッキングヒーターと
エコキュートは回数、
金額上限無しの8年保障を
取り扱っています!!
携帯用
QR
RSSリンクの表示
サイト内 検索フォーム

サイドバー背後固定表示サンプル

当店へのお問い合わせ 

TEL 022-357-4181 

メールでのお問い合わせは

サイドメニュー(右)の

≪お問い合わせ≫

よりお気軽にどうぞ!