漏電の原因は○○○

閉店間際の18時45分に当店の電話が鳴りました。
こういう時間帯の電話はひっ迫した緊急性が高いものです。
スタッフの高橋が電話を受け取り事情を聞いてみると、和室の部屋だけブレーカーが落ちて電気が点かないというものでした。
こういう症状は経験がものをいうので私が伺いました。

IMG_1557.jpg
お客様宅に到着し、分電盤をさっそくチェックさせてもらいました。
これが問題のブレーカー「2番の和室」のフレーカーを上げると漏電ブレーカーが作動して家全体が停電。

和室・寝室2部屋。
照明がついていない部屋を全部調べましたが異常ありません。
ここで、ある事に気が付きました。照明がつかない部屋のコンセントは異常がなく全て電気が流れています。
先入観に邪魔されていました。

分電盤のシールをそのまま信じ込み、自分で全て調べなかったのがいけません。
調べてみると、茶の間、台所のコンセントも電気が流れていません。
こうなると水回りの台所が一番怪しくなります。



IMG_1553.jpg
一番怪しいと思った食器洗い機。
案の定電源が入らないので本体裏のコンセントを調べてみると・・・




IMG_1554.jpg
コンセント全体が濡れています。
試しにキッチンペーパを頂いてコンセントの水気をふき取りブレーカーを上げなおすと・・・。
OK!!
この瞬間がちょっと快感だったりします。



さてこの漏電の犯人はというと…。

IMG_1555.jpg
食器洗い機の上に一時的に置いたワカメの戻し水でした。
直ぐにこぼれた水がコンセントに触れて停電になれば原因が分かりやすかったのですが、こぼれた水が時間をかけてコンセントまで流れたので、原因が分かりにくかったんです。
結果だけ見るとなんだとなってしまいますが、なかなか手ごわかったです。
今回の反省。
「分電盤の表示は鵜呑みにしないで、自分で現状を確認」でした。

お客様からは「助かりました。本当にありがとう」と感謝されましたよ。
長文お付き合いありがとうございました。
面白いと思ったら「拍手」をクリックして頂ければたいへん嬉しいです! 

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


当店では≪太陽光発電・オール電化・LED照明・リフォーム≫などをパナソニックとの総合力で対応します。
震災からの活動 復興編
震災からの活動
東日本大震災からの活動をまとめています。
当店はこんな店です
更新カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
当店地図
お問い合わせ
安心の8年保障

IHクッキングヒーターと
エコキュートは回数、
金額上限無しの8年保障を
取り扱っています!!
携帯用
QR
RSSリンクの表示
サイト内 検索フォーム

サイドバー背後固定表示サンプル

当店へのお問い合わせ 

TEL 022-357-4181 

メールでのお問い合わせは

サイドメニュー(右)の

≪お問い合わせ≫

よりお気軽にどうぞ!