アンテナケーブルにも寿命があります

就職のために一人暮らしをしていた息子さんが転職で帰ってきて、チャンネル設定をしたら映らないチャンネルがあるので見てほしいというご相談を受けました。

調べてみるとアンテナの電波がとても弱く映らない事が判明。
原因を調べると家の中の配線(アンテナケーブル)が経年劣化の為、電波がテレビに届くまでに弱くなってしまったようです。

IMG_3613.jpg
こちらのお宅は七ヶ浜町汐見台にお住まいでアンテナを屋根の上に建てられないので、ケーブルテレビで視聴しております。
BS放送は一カ所のみで視聴していたのですが、「息子も帰ってきたことだし、全部の部屋でBSを見れるようにしてほしい」と視聴難の解決と一緒にご依頼を頂きました。
《ココ》と書いてあるポールにBSアンテナを移動設置してケーブルテレビの配線と電波を混合します。




IMG_3614.jpg
こちらが視聴難の原因のアンテナ配線。
真ん中に銅芯があってその周りに透明の絶縁体があるケーブルが見分けるポイントです。
正式名は「5C-2V」です。
年数がたつと損失が大きくなります。
また地デジやBS放送のような高周波特性の放送には5C2Vは良くありません。最近、家全体のテレビの映りが悪く築25年以上のお宅にお住まいの方は配線を確認してもらう事をお勧めします。



IMG_3615.jpg
配線の取替えはなるべく隠蔽したいので天井裏に潜り工事を進めていきます。
(天井裏から内壁を上から確認しているところ)



IMG_3616.jpg
アンテナ配線が無かったお部屋にも追加でアンテナプラグを設置しました。



IMG_3618.jpg
古いアンテナプラグも交換しました。



IMG_3621.jpg
アンテナレベルがUPしました。



IMG_3619.jpg
息子さんのお部屋も全チャンネル受信を確認。


最初にご相談を頂いた時に「配線って悪くなるなんて聞いたことがない」とご質問を頂きました。
いろいろ考えた結果。ご夫婦そろって医療関係にお勤めだったので、血管や血液の例えで説明させてもらいました。

「Sさん。このアンテナケーブルを血管だと思ってください。そしてテレビの電波を血液だと考えると、血管も年を取ると詰まったりして血液が通りにくくなりますよね。それと同じでこのアンテナケーブルは劣化しやすいケーブルで今では販売していないものなんです。」と説明しますと・・・。
「なるほどねぇ」とご理解して頂き、ご依頼を頂いた次第です。

「工事は鍵を預けておくから留守中に勝手にやっておいて」
と長年培ってきた信用取引です。
ありがたいとは逆にとても緊張します。


予定通り工事を終え鍵をかけて、メールで作業終了のご報告。
ご帰宅後「ありがとう!バッチリでした」とご連絡頂きました。

今回は当店にご依頼いただきありがとうございました。
面白いと思ったら「拍手」をクリックして頂ければたいへん嬉しいです! 

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


当店では≪太陽光発電・オール電化・LED照明・リフォーム≫などをパナソニックとの総合力で対応します。
震災からの活動 復興編
震災からの活動
東日本大震災からの活動をまとめています。
当店はこんな店です
更新カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
当店地図
お問い合わせ
安心の8年保障

IHクッキングヒーターと
エコキュートは回数、
金額上限無しの8年保障を
取り扱っています!!
携帯用
QR
RSSリンクの表示
サイト内 検索フォーム

サイドバー背後固定表示サンプル

当店へのお問い合わせ 

TEL 022-357-4181 

メールでのお問い合わせは

サイドメニュー(右)の

≪お問い合わせ≫

よりお気軽にどうぞ!