七ヶ浜町湊浜地区で太陽光発電取付工事その③

工事3日目

3日目の作業内容
≪板金屋根施工→雨どいの設置≫
 

それでは作業をご覧ください。


P1090158.jpg
初めに屋根周りの板金をしていきます。




P1090160.jpg
違う業種の仕事を見ていると道具の使い方など見ていてとても面白いです




P1090161.jpg
こんな感じに次々と固定していきます




P1090162.jpg
左右に分かれスピードアップ




P1090164.jpg
仕上がり




P1090171.jpg
そうこうしているうちに、屋根材が到着




P1090173.jpg
屋根上に運び




P1090174.jpg
固定していきます




P1090177.jpg
つなぎ目は特に念入りに




P1090179.jpg
そして固定の繰り返し




P1090180.jpg
こんな感じで一段目終了
徐々に上の段に移動していきます




P1090187.jpg
末端の仕上がり




P1090188.jpg
あっという間に三段目(早!!)




P1090193.jpg
朝から始まった作業は午後2時過ぎに板金工事は終了




P1090196.jpg
並行して雨樋の設置も順調に進んでいきます




P1090197.jpg
切り妻屋根なので南面と




P1090199.jpg
北面




P1090198.jpg
立下りまで終えて屋根の板金工事は終了
明日は雨が降った場合の予備日にしていたのですが、作業が順調に終わったので2日間作業はありません。
週明け後いよいよ太陽光発電の作業開始です。

お楽しみに~
面白いと思ったら「拍手」をクリックして頂ければたいへん嬉しいです! 

七ヶ浜町湊浜地区で太陽光発電取付工事最終回

いよいよ本日は太陽光パネルの取り付け日。
工事最終日となります。


P1090208.jpg
立て看板を置いてパネルの搬入です




P1090211.jpg
取付枚数は240wのパネルが13枚
合計3.12kwです


取付方式はアンカー方式です




P1090212.jpg
作業前のミーティング
安全第一を確認して作業開始




P1090214.jpg
電気工事部はパワコンなどの取り付け




P1090222.jpg
屋根部隊は架台の墨出しをしていきます




P1090224.jpg
墨出し②




P1090225.jpg
墨出し③




P1090230.jpg
架台を固定する【アンカー】と呼ばれる部品のシールの準備をします




P1090231.jpg
墨出しをした部分の交点に合わせてアンカーのボルト部分が来るようにシールで固定していきます





P1090232.jpg
前夜に雨が降ったのでタオルで水をふき取りながらの作業です




P1090234.jpg
これで仮固定が終了
小さい穴が11個開いていますよね




P1090235.jpg
この専用ビスで止めていきます




P1090236.jpg
ビスの頭部分にはゴムパッキンがあって雨水の侵入を防ぐ構造となっています




P1090238.jpg
ここからは根気の勝負
ひたすら固定していきます



P1090240.jpg
固定が終わるとこんな感じ




P1090244.jpg
全ての固定が終わりました




P1090245.jpg
アンカーボルトに架台の高さ調節用のナットを仮止めします




P1090246.jpg
仮止め後




P1090247.jpg
アンカーの防水処理にシリコーンシーラントを使用




P1090249.jpg
アンカーの左側・上側・右側の三方を防水処理
「下は防水処理しないの?」と疑問に思われる方もいるかと思いますが、万が一上から水が入った時に水を下に逃がす為にあえて防水処理はいたしません





P1090251.jpg
防水処理完了




P1090256.jpg
水糸を張って架台の高さ調整とバランスを確認します




P1090261.jpg
電気工事部隊は室内の作業を終了し、接続箱を取り付け




P1090262.jpg
架台を仮設




P1090273.jpg
微調整




P1090276.jpg
架台の固定




P1090279.jpg
固定後配線の用意をします




P1090280.jpg
いよいよパネルの出番です




P1090281.jpg
電線の引き回しをしながらインシュロックを使って配線を固定していきます




P1090285.jpg
配線はダラダラと屋根にくっつかないようにピンと張った状態にします
雪などで配線を引っ張られないようにする為にです




P1090287.jpg
今回は3回路なので配線は少ないほうです




P1090291.jpg
パネルを配置していきます




P1090297.jpg
パネルと配線をつないでいきます
ゴムでキャップで水が入らないようになっていますが




P1090298.jpg
接続後は水が入らないようにビニールテープでしっかり巻いていきます




P1090299.jpg
これで安心



P1090304.jpg
接続箱までの配線はフレキ管に入れて配線を紫外線から保護します




P1090306.jpg
パネルの微調整と固定作業




P1090310.jpg
パネルの角にご注目




P1090311.jpg
砂などが堪らないように水切りが切ってあります




P1090316.jpg
配線を入れたフレキ管はきちんとパテ埋めします




P1090326.jpg
アースの配線も




P1090327.jpg
フレキ管に入れて末端はパテ埋め




P1090337.jpg
アース取付




P1090329.jpg
カバー取付用の金具を取り付け




P1090336.jpg
カバーを取り付けていきます





P1090339.jpg
Panasonicのネームプレート取付





P1090342.jpg
完了




P1090345.jpg
パネルの微調整も終わり工事完了





P1090347.jpg
金属くずなどをお掃除




P1090358.jpg
工事完了です
あとは連係を待つばかり




P1090362.jpg
左が売電用メーター




P1090363.jpg
接続箱




P1090349.jpg
パネルの設置後

アレっと思った方いませんか?
そうです。1段部分が3枚分ありますよね実はこういう事なんです・・・↓




星書道 屋根改修前
秋から春にかけてこの部分が母屋の影に隠れてしまい発電効率が悪くなってしまうからです
一回限りのお付き合いで、ただ売ればいいという商売ならこの部分も載せる事をお勧めしますが、当店は責任ある工事をしたいのでこのようにお客様に提案させていただきました。
これにはお客様も納得されて「ここまで考えてもらってありがとう」と言って頂きました。

今回は工事の様子を長々と書かせてもらいましたが、当店の工事への思いが少しでも伝わればいいと思い書かせてもらいました。


最後までお付き合いありがとうございました。
面白いと思ったら「拍手」をクリックして頂ければたいへん嬉しいです! 

七ヶ浜町花渕浜で太陽光発電システム11.52kw設置工事

七ヶ浜町花渕浜地区のお客様宅に、当店では初の10kwオーバーの太陽光発電システムを設置させて頂きました。
ありがとうございます!

P1070519.jpg
設置予定の場所は倉庫の屋根
申し分ない屋根の大きさなのですが、屋根を左右に分断するような雨樋の存在がポイントです。




P1070525.jpg
これをどう処理するかは後でご紹介します



工事は【アンカー方式】
前回ご紹介した方式と同じですね。

P1050142.jpg
パネルはたった一日で設置を終えました。
240Wのパネルが48枚で11.52KW 
これだけ並ぶと迫力がありますね~




P1050143.jpg
母屋の上から撮影させて頂いたのですが、松島湾の眺望があまりにも綺麗だったのでパチリ




P1050145.jpg
配線部分と




P1050147.jpg
雨樋部分はカバーを切欠いて処理しました




P1050148.jpg
近くで撮影してみました




P1050154.jpg
段差もなくきれいに並んでいるでしょ!




P1050160.jpg
雨樋の処理は下からみてもきれいに収まりました




P1050170.jpg
母屋までの配線は空中配線。
もちろんフレキパイプに配線を通します。




P1090444.jpg
こちらは接続箱
パネルからの配線をまとめる部分です。
箱が2つあるのはパワーコンディショナーを2つ設置するからです。



P1050158.jpg
分電盤の配線も同時進行




P1050159.jpg
分電盤の右側にパワーコンディショナー用の配線を通しました。




P1050171.jpg
パワーコンディショナーは重量があるので、ビス固定の際に下地がない時はこのように当て板を取り付けて完全に固定します。




P1090439.jpg
パワーコンディショナー5.5kwが2台(右・中央)
それの開閉器(左)




P1090440.jpg
開閉器をアップで撮影




P1090441.jpg
カバーをつけて内部部分は完成

後は東北電力さんとの連携を待つばかりです。


次回はフレーム設置のポイントを書かせてもらいます。
近日中にupしますので、また見に来てください。


最後までお付き合いありがとうございます。
面白いと思ったら「拍手」をクリックして頂ければたいへん嬉しいです! 

太陽光発電の工事で大事な事は・・・。

太陽光発電の工事で大事な事は? 

工事代金?
そりゃ、安いほうが良いに決まっています

工事期間?
もちろんパッパッパッと工事が終われば良いに決まっています

そうじゃないんですよ・・・。
私の答えは、ずっと安心して太陽光パネルが発電し続けられる設置工事をすること。
部材はもちろん、お客様が普段見えない部分まできっちり責任を持って工事すること。


例えばこういうところ

P1090406.jpg
屋根材が板金で下地がバラ板のお宅は結構多いと思います。
パナソニックのアンカー方式の工事では、下地補強を12mm以上の合板でアンカー固定用のビスを受けなくてはなりません。
バラ板だけですと、板と板の隙間にビスが入ったり、バラ板の薄いところにビスが入れば割れてしまったり、そのまま年数が経過すると強風などで架台がガタついてくる恐れがあります。




P1090407.jpg
こんな風にキッチリと工事をする。

当たり前のことですが、面倒だったり、人件費削減のためにきっちり工事をしない業者さんが結構います。
だって普段は見えないところなんだから・・・。

これから設置を考えている皆さん・・・。

安くて速いだけの工事とずっと安心して発電し続ける工事どちらがいいですか?
面白いと思ったら「拍手」をクリックして頂ければたいへん嬉しいです! 

明日から太陽光設置工事 準備編

明日から太陽光パネルの設置工事をさせて頂きます。
準備として足場を設置させて頂きました。

P1110614.jpg



P1110619.jpg
太陽光パネルの設置工事をハシゴだけで設置工事しているのをときどき見かけますが、当店は安全な設置工事を心掛けておりますのでお客様にご理解を頂き必ず足場を設置させて頂いております。

足場が無くても設置工事は当然できます。
設置費用も余計に掛かりますしね。


「足場なんかしなくても気を付ければ大丈夫」と思うかもしれませんが、
でも最悪の事を考えてみてください・・・。
万が一、設置工事中に足場が無く転落事故が起きた場合、お客様はその家に住み続ける限り嫌な思いをし続けることになるでしょう。
自分の家の敷地で事故が起きたなんて私は絶対嫌です。

当たり前の事ですが、事故なく工事を終えるのが一番。
万が一に備え準備をするのが当たり前のことだと思います。
きちんとお伝えすればお客様には必ずご理解していただけます。


次回は《設置工事完了》編です。

最後までご覧いただきありがとうございました。
面白いと思ったら「拍手」をクリックして頂ければたいへん嬉しいです! 
当店では≪太陽光発電・オール電化・LED照明・リフォーム≫などをパナソニックとの総合力で対応します。
震災からの活動 復興編
震災からの活動
東日本大震災からの活動をまとめています。
当店はこんな店です
更新カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
当店地図
お問い合わせ
安心の8年保障

IHクッキングヒーターと
エコキュートは回数、
金額上限無しの8年保障を
取り扱っています!!
携帯用
QR
RSSリンクの表示
サイト内 検索フォーム

サイドバー背後固定表示サンプル

当店へのお問い合わせ 

TEL 022-357-4181 

メールでのお問い合わせは

サイドメニュー(右)の

≪お問い合わせ≫

よりお気軽にどうぞ!